ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングとは

“白く美しい歯”は健康美の象徴として世界の人々の憧れの象徴となっています。ホワイトニングはまさに、これを簡単に手に入れる最良の方法です。
従来は歯の色が変色した場合、歯を削り白い作り物を歯に装着するしかなかったのですが、変色しただけの健康な歯(虫歯でない歯)を削ることは出来れば避けたいことです。ホワイトニングはまったく歯を削らずに、しかも痛い思いもせずに白い歯をよみがえさせるまさに“夢の歯科治療”です。ホワイトニングを行われた患者さんは皆さん“ステキな笑顔”で大喜びです。
ホワイトニングには次の3つの方法があります。

ホワイトニングとは
ホームホワイトニング

最も自然で効果の上がる方法です。まず歯科医院で歯型を取り、マウスピースのようなものを作ります。その中にご自宅でホワイトニングの薬剤をいれ行う方法です。1日2時間、もしくは寝ている間に行います。2週間くらいでかなりのホワイトニング効果がえられます。この方法は、歯数に制限はありません。天然歯(自分の歯)であれば前歯から親知らずまで(極端かもしれませんが)ホワイトニングが可能です。
多少の知覚過敏が現れることがありますが、そのほかの副作用はありません。また、後戻りもあまりありません(個人差があります)。後戻りがあると感じた場合、2~3日あまった薬で行えば再び白さがよみがえります。
ホームホワイトニングを行っている期間は、コーヒー・赤ワイン・カレー等色の濃い飲食物を控えなければなりません。もちろん喫煙も。これがこの方法の最もつらいところです。でも綺麗になるためですから、これくらい我慢してください。

  1. お口の検査

    医院にお越しいただき、口腔内の検査をし、むし歯や歯周病など異常がないかを確認し、歯の汚れや歯石の除去をし、お口の中をキレイにします。

    お口の検査
  2. マウスピースの製作

    歯型を取り、患者様の噛み合わせに合わせたカスタムトレー(マウスピース)を製作します。

    マウスピースの製作
  3. ホワイトニングの方法の説明

    製作したカスタムトレー(マウスピース)を装着し、 ホワイトニングジェルの使い方や使用時間などご自宅での使用方法を説明し、医院での事前処置は終了となります。

    ホワイトニングの方法の説明
  4. ご自宅でホワイトニング

    1日2~4時間程度の間で、約2~3週間ご自宅でのホワイトニングを行っていただきます。

    ご自宅でホワイトニング
  5. ホワイトニング方法の説明

    1~2週間に1回程度来院していただき、歯の白さの変化や使用しているカスタムトレー(マウスピース)が変形していないかどうか、定期検診を受けていただきます。

    ホワイトニング方法の説明
オフィスホワイトニング

診療室でホワイトニング剤を塗り行う方法です。通常1ブロック3〜4回の処置が必要です。ホームホワイトニングに比べて即効性がありますが、自然な感じの白さという点ではホームワイトニングに劣ります。また後戻りも早く、自分で気軽に処置できないのが難点です。白くしたい歯が数本に限られている方や、ホームホワイトニング後に部分的にさらに白くしたい時などに行う方法です。

  1. お口の検査

    医院にお越しいただき、口腔内の検査をし、むし歯や歯周病など異常がないかを確認し、歯の汚れや歯石の除去をし、お口の中をキレイにします。

    お口の検査
  2. マウスピースの製作

    ホワイトニング前のシェードチェック(歯の⾊の確認)を行います。ホワイトニング薬剤を塗り、照射器による光を照射し、最後に薬剤を洗い流します。

    マウスピースの製作1 マウスピースの製作2 マウスピースの製作3
  3. ホワイトニング完了

    シェードチェック(歯の色の確認)をして完了です。

    ホワイトニング完了
ウォーキングブリーチ

歯の神経を取り数年たちますとその歯だけが黄ばんでくることがあります。そのような時に行う方法です。神経を取るときに開けた穴に漂白剤を詰め漂白を行います。2~3回の処置が必要ですが他の歯と同じ程度まで戻すことができます。

ウォーキングブリーチのメリット・デメリット

神経が死んでしまった歯に対しては、通常のホワイトニングではあまり効果がない場合がありますが、そのような歯に対してでもウォーキングブリーチを行えば歯を白くすることが可能となる場合があります。ウォーキングブリーチでは歯の裏に穴を開け、そこに歯を白くする薬剤を入れて歯の内部から白くしていきます。 その後、歯が白くなったら蓋をあけて中の薬剤を除去し、最終的な蓋をします。
しかしこの方法は、歯に穴を開けなくてはならないことや、歯の中にガスが溜まって歯が割れやすくなってしまう可能性があるなどのデメリットもあり、歯科医院側としても治療に手間がかかるので、実際に行っている歯科医院はあまり多くありません。