笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法とは

歯科医院の待合室に居るだけで冷や汗をかいたりタ−ビンの音を聞いたとたん逃げ出したりしたくなるような怖がりやさんや、歯型を取るときにウェ−オェ−となる(嘔吐反射といいます)方にうれしい治療法です。
20~30%の笑気ガスを吸入しながら歯科治療を行います。そうすると、ホォワ−ンとした感じがしてきて(ちょうどビ−ルを2~3杯飲んだ感じ)、あのタ−ビンの音やドリルの振動があまり気にならなくなり痛みに対しても鈍感になります。もちろん歯型を取る時のウェ−オェ−も随分と楽になります。治療が終了したならば酸素100%を深呼吸。あとはすっきりそのまま帰宅することが出来ます。怖がりやさん・歯型を取られるのが苦手の方は是非いちど体験してみてはいかが。(この治療法は健康保険で認められた治療法です。)

笑気吸入鎮静法とは